Save Rights To Run For .

選挙に立候補するためには、多額の供託金が「公選法」で規定されています。

各国と比べ、飛び抜けて高額です。

収入や財産に余裕のない者は、立候補する権利を奪われている状況にあります。

衆議院議員選挙において、供託金が用意できずに立候補の権利が奪われた埼玉県の原告が

2016年5月27日、供託金は憲法に違反すると東京地裁に提訴。

この「選挙供託金違憲訴訟」は、

宇都宮健児弁護団長と、7人の弁護団により裁判が続けられています。
この裁判趣旨に賛同する「支える会」のホームページです。


次回裁判 傍聴のお願い。

2017年3月24日(金)14:00〜

東京地裁103号法廷

 

13:15〜  【東京地裁前アピール】 「霞ヶ関駅」A1出口前

13:30     【入廷行動】

14:00〜 【開廷】103号法廷

15:00頃〜【報告会】弁護士会館508号ABC会議室(東京地裁となり)

 

東京地裁で最大の法廷です。ぜひ、一人でも多くの傍聴参加をお願いします。

抽選ではありません。東京地裁に入館して103号法廷前に直接お並びください。

入館手続きは持ち物検査のみです。はじめてで不安な方は、13:15の東京地裁前アピール行動に参加いただき支援する会のスタッフとともに入館ください。


提訴

2016年5月27日(金)

東京地裁へ提訴

 

■10:30 入庁行動 

■11:00 記者会見

(司法記者クラブ)

■11:30 報告集会

(弁護士会舘504会議室)

ダウンロード
訴状
供託金訴訟 訴状(配布用).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 460.3 KB

第一回裁判

2016年9月16日(金)

 

■午後1時15分

東京地方裁判所611号法廷

■報告会

(弁護士会館507ABC)

ダウンロード
違憲陳述書(原告)
原告 意見陳述書160916(提出版).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 203.9 KB
ダウンロード
違憲陳述書(宇都宮健児弁護士)
弁護団長 意見陳述書160916.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 530.0 KB

第二回裁判

2016年11月25日(金)

 

■午前10時

■東京地方裁判所 103号法廷

■報告会

(霞ヶ関ナレッジスクエア・スタジオ)

 

ダウンロード
原告第1準備書面の要旨(宇都宮健児)
第1準備書面の要旨161125(改定).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 194.3 KB